Simple, clear, and bold.

We excel at simple, clear, and bold concept ideation and design execution.
We focus on art, lifestyle, and technology
and wish to collaborate with socially conscious people and companies
in order to propose and create new value.

我々はシンプル、明快、大胆なコンセプト立案とデザイン定着で
新たな価値を生み出すことを目標にしています。
アート、ライフスタイル、テクノロジーにフォーカスし、
社会的意識の高い人や会社とともに協働することで、
提案性のあるクリエイションを行なっていきたいと考えています。

Daikoku Design Institute
+1(424)666.9750 / +81.90.6470.5898
daikoku-inst-ml@ndc.co.jp
  • Daigo Daikoku
    Daigo Daikoku  |  Art Director, Graphic Designer
    Daigo Daikoku was born in Hiroshima, Japan in 1979. He entered Nippon Design Center after graduating from the Kanazawa College of Art in 2003, and started Daikoku Design Institute in 2011. He moved to Los Angeles in 2018. He has worked with companies, educational organizations, the government, architects, and artists to create projects in various fields. His interests are in art, lifestyle, and technology; and he works closely in the above fields to create new value. He has created design with a holistic approach, having a home ground in graphic design and crossing bounds to work in fields including branding, visual identity, packaging, editorial design, web, motion graphics, typography, product design, and storefront design. His works and concepts value simplicity, clarity, and boldness, aiming to communicate not only information but also emotions and philosophies. Some major projects include: total creative direction for TAKAO 599 MUSEUM, the “mountain and nature” themed museum for the Takao Mountain that prides the highest number of climbers in the world (2015); art direction for MUJI annual global Christmas campaign (2009-2014); branding for PRISTINE, the most renowned organic cotton brand in Japan (2010); art direction for the skincare brand Dear Mayuko (2016); and package design for Koshino Kanbai, one of Japan’s most renowned premium sake brands (2015). Major awards include: D&AD (UK), NY ADC, Clio Award, One Show Design (NY), Tokyo ADC Hiromu Hara award (the highest ranking award in Japanese design), JAGDA New Designer Award, JAGDA Award, Japan Sign Design Association Award, and many more.
    大黒大悟|アートディレクター/グラフィックデザイナー
    1979年広島県生まれ。2003年金沢美術工芸大学卒業後、日本デザインセンター入社。2011年大黒デザイン研究室設立。2018年から拠点をLAに移す。グラフィックデザインを基軸におきながら、 CI、VI、広告、パッケージ、ブックデザイン、映像、プロダクト、ストアデザイン、美術館の総合ディレクションなど、企業や教育機関から行政の仕事まで、様々なスケールのプロジェクトを行っています。特にアート、ライフスタイル、テクノロジーにフォーカスし、新たな価値創出のためのプロジェクトに積極的に取り組んでいます。コンセプトの構築から携わり、目的を明確にし、その目的を達成するための最適な表現方法を選択することで、ただ情報を伝えるのではなく、その背景や哲学を伝えたいと考えています。代表的な仕事として、山と自然をテーマにした博物館「TAKAO 599 MUSEUM」の総合ディレクション。国土交通省と行っている半島振興の展覧会「半島のじかん」の企画・アートディレクション。「皇后美智子さまの御歌」のブックデザイン、オーガニックコットンブランド「PRISTINE」やスキンケアブランド「DearMayuko」のアートディレクション。「無印良品」や「武蔵野美術大学」の大学案内や広告のアートディレクション。「越乃寒梅」のパッケージデザインなど。平面から、立体、映像、空間まで様々な文脈で、領域にとらわれないデザインの提案を行っています。主な受賞歴:東京ADC原弘賞、JAGDA新人賞、JAGDA賞、SDA賞、D&AD(UK)、NYADC、One Show、clio Award(US)ほか多数。
  • Mika Tohmon
    Mika Tohmon  |  Designer
    Graduated UCLA Design Media Arts in 2015, worked for Kenya Hara at Hara Design Institute for 3 years. Works with both traditional and cutting edge media.
    東門光香|デザイナー
    2015年UCLA デザイン・メディアアート学科卒業後、日本デザインセンター入社。原デザイン研究所所属後、大黒デザイン研究所へ。先端メディアを使った企画や展示にも携わる。
...